白い歯を手に入れるためにできること

白い歯を手に入れるだけなら。。。慎重に選んでほしいインプラント

私がプレミアムブラントゥースを知るようになったきっかけは、もともとインプラントをやってみようと考えていたからです。

 

このサイトではプレミアムブラントゥースで白い歯を手に入れる前に考えていたインプラントを紹介します。

 

歯を失ったとき、一本でしたらブリッジにしたり、多数の歯でしたら義歯になるのが一般的です。
お金に余裕があって、しっかり噛みたい。ブリッジにして、なんでもない歯を削りたくない!
そんなとき、インプラントはとても有効です。
自費診療ということもあり、あまり詳しいことは知られていないのが現状です。
プラスの面も、もちろんたくさんありますが、
ここではインプラントの注意点をいくつか紹介したいと思います。

 

そもそもインプラントとは?

 

まずインプラントとは、簡単に説明しますと歯を支える歯槽骨という骨に穴をあけてネジの様なものを埋めます。
これが歯の根っこのような役割になります。
そして埋めたものに歯の形の被せモノをして、噛むことができるようにします。
人工の歯、ということです。

 

インプラントの埋入手術は施術者によって大幅にかわります

 

このインプラント治療は、歯科医にとって収入源でもあるのです。
というのも、歯科の保険診療点数は、医科に比べてとても低いのです。
保険診療のみでは経営が成り立たないところも多く、自費診療のみの歯科医院もあるくらいです。
治療代欲しさにインプラント治療を始める歯科医院も少なくありません。
未熟なインプラント技術で施術し、インプラントが本来垂直に埋入されるはずが曲がってしまうということもあります。
曲がったまま治療を続けたインプラントは、治療後噛んだ力が変な場所に集中してしまい、壊れてしまうことも考えられます。

 

金額だけでは決めないで、総合的に判断が必要です

 

インプラントを相談に行く際は、治療方針、治療方法はもちろんですが
今までの術例を見せてもらうことも大事だと思います。
もちろん、よい例しか見せてはこないでしょうが、たくさんの術例は一つの目安になるかと思います。
また、インプラント治療後はキチンとメンテナンスをしなければやはり壊れてしまったりガタついたりしてしまう原因になります。
あまり歯ブラシをしない方は、おススメできません。
汚れを溜まらないように毎日ケアできない方は、必ずと言っていいほどインプラントにダメージを与えてしまう尾です。

 

正しく使用すれば、本当に自分の歯の様につかえて、なんでも食べられるようになるのがインプラントです。
美味しいものを美味しく食べられることは、とても幸せなことです。
高額な治療費をかけるのですから、美味しくものが食べられるインプラントを入れてくださいね。