知覚過敏は研磨剤のせい?ホワイトニング剤と知覚過敏

歯がしみる原因は知覚過敏。研磨剤のないホワイトニング剤のおすすめ

ふと水を口に含んだときに、歯がしみてビックリした経験ありませんか?
ちゃんと歯磨きしてるのに…なんて思う方も多いのではないでしょうか。
薬局などでは、歯がしみなくなる歯磨き粉なども販売されていますが
そもそも、歯のしみる原因とは何か、説明していきたいと思います。
そしてなぜプレミアムブラントゥースは知覚過敏の人にとっておすすめなのかを紹介していきます

 

知覚過敏にご注意。ホワイトニングと知覚過敏

歯の構造について

 

歯の構造は一番外側ににエナメル質という固い部分ものがあります。
そして、エナメル質の下の神経の周りを覆っているのが象牙質という組織です。
象牙質はエナメル質よりも硬度が劣る特徴があります。

 

しみる原因は神経が大きく絡んでいます

 

固い歯ブラシで歯を磨いたり、歯ぎしりなどでエナメル質が削れることで、象牙質が露出します。
そうすると神経の周りが薄くなり、刺激が伝わってしまうのが、いわゆる「しみる」という症状です。
歯周病により歯肉が下がってしまうと、本来露出しない歯の部分が出てしまいます。
この部分はエナメル質はなく、象牙質ですので歯ブラシなどの摩擦にも弱い特徴があります。
そして削れてしまうことによりしみる症状が出てしまうことがあります。
他にも虫歯で歯に穴が開いてしみる、という場合もありますね。
いづれも神経が外部に近づいたために起こる症状です。

 

治療せずにしみる症状が改善することも

 

しみていたけど、放っておいたら治った!これもよくありますよね。
それは神経の周りの薄くなった象牙質が増えて、神経と外部の間が厚くなり、結果しみなくなるのです。
神経を覆う象牙質が薄くなると、しみるという刺激でそれを防ごうと歯が防衛するのです。
ですが、残念ながら短期間では痛みは治りません。
長い間しみるのを我慢するのはとても大変ですので、やはり歯医者さんへの受診をおすすめします。

 

知覚過敏の人が研磨剤の入っているホワイトニング剤を使うとかなり辛いので、研磨剤を使っていないプレミアムブラントゥースをおすすめします。

 

美味しいものも、歯がしみるのを気にしながら食べると、美味しさも半減してしまいますよね。
しみない歯でいる為には、まず毎日の歯磨きを柔らかい歯ブラシで丁寧に時間をかけて行ってみてください。
それだけでしみる症状も防げますし、歯周病の予防にも繋がります。
今まで短時間しか磨いていない場合、急に長く磨くのは難しいかと思いますが
まずはTVをみながらゆっくり磨いてみてはいかがでしょうか。