歯の痛みについてメカニズムを紹介します。

歯周病や虫歯は茶カテキンで防げ!プレミアムブラントゥースの効能

歯が痛くなる理由

 

突然の歯の痛み。ものすごく辛いですよね…。
歯の痛みが一番耐えられない!という人もおられるのではないでしょうか。
歯が痛いから虫歯かな?と考えがちですが、実は色々な種類があるんです。

 

 

歯の痛みについて。

 

原因により痛みは様々です

 

歯、そのものは痛みを感じません。
なので痛いというのは、歯の神経なのか?それとも歯肉なのか?
簡単に大きく分けてこの二つになります。

 

まず、虫歯で歯が痛いとき。

これは歯が虫歯で穴が開いてしまい、神経が露出したため痛みが出ているという状態です。
水などを含んだときのみ痛みがある場合と、何もしなくても痛みが出る急性症状の場合があります。
プレミアムブラントゥースに入っている茶カテキンは歯のばい菌を取り除くので虫歯予防に効果的です。

 

歯肉の炎症で歯が痛いとき。

一番奥の歯肉のあたりが痛い場合、親不知が出てきているということも考えられます。
親不知が全く歯茎に埋まっていると、疼くような痛みがでることがあります。
また完全には生えてなく、一部が歯肉に被っているような状態ですと、汚れが溜まって歯肉に炎症を起こすこともあります。
一番奥は歯ブラシが届きにくく、しっかりブラッシングしたつもりでも汚れが取り切れていないことがとても多いです。
その汚れが炎症を起こし、痛みが出てしまうのです。
プレミアムブラントゥースのウーロン茶エキスは炎症を防ぎます。

 

それ以外の場所の歯肉の痛みがあるときは、歯の根元に膿が溜まり炎症を起こしている場合が考えられます。
また、この症状が上の前歯のときは、上顎洞という鼻の周りにある空洞が炎症を起こしていることが原因の場合もあります。
因みに、この上顎洞が原因の場合は、治療は耳鼻科になります。

 

放っておくのは危険です!

 

痛みが出ても歯医者に行くのが面倒だから、といって放置される方もいますが、とても危険なんです!
まず一番怖いのは、歯の根元にできた膿の袋。これが上の前歯にできてものすごく大きくなっていくと細菌が全身をまわって
死に至るケースもごく稀ですが、本当にある話です。
虫歯も早めに治療すれば、歯牙を保つことができますが、放置すればもちろん歯はなくなってしまいます。

 

いくつか歯の痛みについてご説明しましたが、必ずしもこれにあてはまるものではないのではありません。
あくまでも目安として考えてください。
症状は個人差もありますので、まずは歯科医院で診察をうけることを強くおすすめします。